好きなことをして生きる。 - Tech Blog

技術メモと技術ログと趣味ブログ

Ruby 勉強会

プログラマ脳を鍛える会 vol.6

2016/12/16


2016//08/26に勉強会をした記録

数学の未解決問題のひとつに「コラッツの予想」があります。
自然数nについて、
・nが偶数の場合、nを2で割る
・nが奇数の場合、nに3をかけて1を足す
という操作を繰り返すとき、初期値がどんな数であっても必ず1に到達する(1→4→2→1を繰り返す)というものです。

この問題を少し変えて、初期値が偶数の場合、初回のみnに3をかけて1を足すことから始めることとし、「最初の数」に戻るものを考えます。

10,000以下の偶数のうち、上記の2や4のような「最初の数に戻る数」がいくつあるか、その個数を求めてください。

引用: 第20回は「今週のアルゴリズム:(改造版)コラッツの予想
URL: https://codeiq.jp/magazine/2014/03/7672/

素直に解く

ポイントはstep関数と,必ず1に戻ってくるということから終了判定をすること

LINEで送る
Pocket

-Ruby, 勉強会
-,